FC2ブログ

韓国研修旅行。

去年の10月、曹洞宗九州管区人権学習 韓国への旅に行きました。
中国、インドには行きましたが、1番近いお隣の国、福岡からは東京より近い韓国に行くのは初めてです。
 福岡空港を飛行機で飛び立つと、40分ほどでプサンに着きます。福岡港からプサン港までは高速船でも3時間弱で行くことができるそうです。
 プサン近郊の寺院では法要の後、私たちをおいしい精進料理で迎えてくれました。松茸が沢山入ったお吸い物など、普段はつくらない料理を婦人会の皆さんが調理してくれたそうです。寒い中、体も心も温まりました。
 今回の旅行は強行軍です。2日目の朝はゆっくり食事をする時間がありません。移動中のバスの中でサンドイッチを頬張り、プサンからソウルへ向かいました。
 ソウル近郊の寺院では「日本 曹洞宗 訪問団 歓迎」と書かれた横断幕が飾られ、多くの方々に私たちを歓迎していただき、また式典に参加し、法要の準備をしていた私たちにお心遣い、ご協力いただき、無事、施食会供養と開山忌法要を厳修しました。
 この度の研修旅行で私が強く感じたのは「韓国の方々」の私たちへの思いやり、心遣いです。寺院関係者の方々、3日間流暢な日本語で私たちを案内してくれたガイドさん、バスの運転手さん、ホテルのスタッフの皆さん等々。強行な日程の中、疲れている私たちに「韓国の方々」の「慈しみの心からほとばしり出てくる」言動は元気や親しみを与えてくれました。
 改めて、「人としてこの世に生まれ来るものは、国境、出身地、性別、職業、病気、年齢など、全ての事を問わず、皆平等で、その平等の中で、人生を意義あるものとして生きる権利があり、これは、いつの時代においても、変えてはならないこと」だと思い、「口先だけの言葉ではなく、慈しみの心に満ちた言葉は人を成長させ、やる気を奮いたたせ、教訓を与え、孤独に涙する人に、不安におののく人に安心を与える事ができる」ことを確信した、すばらしい旅でした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

興禅寺住職

Author:興禅寺住職
福岡県北九州市、
興禅寺、法話・掲示板へようこそ!
法話やご連絡、ご案内のほか、
日々の日記をご紹介いたします。

興禅寺ホームページにも是非お越しください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター